2010年08月16日

追視

リブギゴをまた合間に弄ったりしています。
何より、ドールアイなんかでは御馴染みの「追視する目」やってみたくて手を出してみました。

リンクしているフェルト作家さんのサイトを参考にスワロフスキーの半球のものを手にいれようとしましたが、絶版で直ぐには手に入れられそうに無いので手元にあったWaveのHアイズを張り合わせて凸レンズ状にして作ってみました。

追視

写真を見ても判るようにあまり「追視」してくれません。
プラスチックの屈折率? そもそもレンズの曲率のでしょうか?
見る角度によってそれらしくも見えますが、
「もっとこっちを見て!」
と。

ドールアイ作られている作家さんが、スワロフスキーに拘る理由が何となくわかりました。

さて、僕は中古携帯のカメラでもバラしてレンズを確保しようかな?
posted by u_160改め三船半蔵 at 04:39 | Comment(0) | TrackBack(0)
【 リブギゴ 】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40186495

この記事へのトラックバック